バナー

福原正大特任教授による講義科目福原_廣瀬3『グローバル・リーダーシップ』の目的は、金融セクターにおいてグローバル・リーダーになるためのスキルとマインドセットを身につけることです。金融業界の世界においてリーダーとして活躍することを目指す学生のキャリア・デザインの構築につながります。キャリア・デザインとして、フィンテック分野での起業も一つの選択肢です。そのために、フィンテック分野での起業家を授業に定期的にお呼びします。

 

2015年12月8日の授業では、フィンテックで最も注目されている企業の一つで、12月に東大エッジキャピタルなどから15億円の第三者割当増資に成功された株式会社お金のデザインの代表取締役社長であられる廣瀬朋由氏にお越しいただきました。金融サービス・資産運用の民主化を目指す想い、そしてなぜ50歳を超えて起業をしたのか、日本のフィンテックの最新事情とソフトウェア会社としての未来像、フィンテック起業をする上で考える必要があること、competitive advantageたる資産運用モデルにおける独自のアルゴリズムの特徴を、ご自身の金融での30年を超えるライフストーリーとともにお話しいただきました。

Hitotsubashi_Aftergraduate_Program_20151208_ 6Hitotsubashi_Aftergraduate_Program_20151208_ 8