バナー

福原正大特任教授による講義科目『グローバル・リーダーシップ』の12月8日(火)の授業では、日本で有数の個人投資家として、ライフネット生命や軽井沢インターナショナルスクール(ISAK)などを設立から投資までかかわられている谷家衛様にお越しいただきました。谷家様は、日本で最初の和製ヘッジファンドであり、現在も有力な資産運用会社あすかアセットマネジメントの創設者であり会長でもあります。
当日は、投資をする対象の三つ、

①潜在力の大きいアジア向けベンチャー   

②旧来の日本のフレームワークを壊す国内ベンチャー  

③新しい日本の形を目指すベンチャー

 スライド6スライド7スライド8

の必要性について、またなぜそれが大切なのかをお話しいただきました。そして、個人が自分らしく生きることの大切さを感動的なストーリーとともに説明していただき、学生がグローバルリーダーシップ論で学んでいる自らの北極星を見つけ素晴らしいグローバルキャリアを歩むことの意義を深いレベルで理解することとなりました。