バナー

  2016年11月29日に佐山展生教授の「企業価値向上論Ⅰ」のゲストスピーカーとして、株式会社ファミリーマート代表取締役社長  澤田貴司氏にお越し頂き、ご講演をいただきました。%e6%be%a4%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%931

 これまで多くのことを経験し学んだことで、澤田氏の今があることをパワフルなお話しでお伺いすることが出来ました。その中で、一貫して話されたのが「やりたいことをやる」ということでした。

伊藤忠商事時代の、イトーヨーカ堂 鈴木氏との米国セブン‐イレブンの買収の経験では、「小売業の可能性」、「創業経営者の現場にコミットする気迫」の魅力を感じ、転職の選択の契機となりました。

%e6%be%a4%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%933転職先であるファーストリテイリングでは、柳井氏と出会い、幾多の困難とともに、フリースキャンペーンの成功体験などを通じて学んだ多くのことをお伺いすることが出来ました。その後、ファンド設立を得て、株式会社リヴァンプを創立したことをお伺いすることが出来ました。

 そして、社会人としてのスタートを切った伊藤忠商事からの要請により、ファミリーマートの社長に就任しました。伊藤忠商事時代に取り組もうとして実現できなかった「小売業の可能性」を、古巣の伊藤忠商事から要請があったことに、澤田氏は感慨深く話しをされました。会社の所属に縛られない人との繋がりの重要性を気付かせていただきました。

 また、これまでの多くの経験から失敗しないための「顧客・社員・取引先の満足、キャッシュ等の重要性」を挙げ、会社経営において自身が大事にしてきた「主体性を持って行動を起こす」こと等も話していただき、企業価値向上への示唆を与えていただきました。

 最後に、2人の創業経営者であるファーストリテイリングの柳井正氏とスターバックスコーヒーのハワード・シュルツ氏の言葉を例に挙げ、「企業の発展規模に応じた経営の変革の必要性」、「共に働く社員の幸福を目指す経営姿勢」に共感されたことを受講生に送っていただき、エールを頂きました。

%e6%be%a4%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%932